タマホーム500万円の家の間取りって?タマホームで一番安い家は?

タマホーム500万円の家の間取り・タマホームで一番安く家を建てる
  • タマホームで500万円で家が建つ?
  • タマホームで一番安い家は?

住宅価格がどんどん値上がりし、タマホームでも値上げが進んでいますが、とにかく安く家を建てたいですよね。

そんな中でタマホームで500万円で家が建つということが話題に。その噂は本当なのかを調査しました。

今タマホームで一番安い家も、直接タマホームの営業店舗に行って確認しましたので、しっかり解説しますね。

【必見】費用を抑えて家づくりをする方法

目次

タマホーム500万円の家の間取りは本当にある?

以前は「大安心の家5シリーズ」という商品の中で最安の住宅が500万円で建てることができていましたが、現在はタマホームで500万円で建てられる家はありません。

さらに、当時の500万円の家には付帯費用は入っておらず、本体価格のみ。付帯費用を入れると、最終的に800万円~900万円台になっていました。

当時でも500万円だけで建てることはできませんでした。

また、当時の500万円台の家で建てられる間取りは、延床面積20坪・1LDKの平屋でした。

家族4人で住む場合、平均で33坪~35坪は必要になります。ですので、タマホーム500万円の家の間取りでは、家族で住むのは当時でも難しかったようです。

タマホームで一番安い家は?

タマホームシフクノいえ

現在タマホームで一番安い家は、944万円で販売されている「シフクノいえ」です。

こちらは住宅価格だけではなく、水道工事費用、工事監理費用などの付帯費用も全て込みになっています。

ただし、こちらはキャンペーンの限定価格で、常に売られているとは限らないので注意が必要です。

その他、タマホームで一番安く家を建てる方法は以下3種類あります。

目的によって商品が異なりますので、あなたに合ったものを探してみてください。

規格住宅「シフクノいえ」

タマホームで一番安く家を建てる

タマホームで一番安い家は、注文住宅ではなく、あらかじめ間取りなどが決められた規格住宅「シフクノいえ」です。

シフクノいえであれば、現在でも900万円台で購入することができます。

タマホームで一番安い家「シフクノいえ」

  • 販売価格:944万円
  • 間取り:1LDK
  • 面積:49㎡(14坪)
  • 平屋

住宅販売価格には以下が含まれています。

  • 屋外給排水工事費用
  • 工事監理費用
  • 下水道接続工事費用
  • 地盤調査費用
  • 屋外電気配線工事費用
  • 雨水排水工事費用
  • 住宅瑕疵責任保険加入料
  • 諸検査費用
  • 基本図面作成料
  • 屋外立水栓工事費用
  • オプション工事費用
  • 仮説費用
  • 設計料

通常であれば、これらは建物価格とは別になることがほとんどで、それらを込みにすると結局高くなることが多いのです。

一方このシフクノいえは、全部込みでこの値段ですので、本当に安く買うことができます。

ただし、このシフクノいえの売り出しは、タマホームのキャンペーンで実施されますので、定期的なキャンペーンのチェックが必要です。

低価格ラインの注文住宅「木麗な家」

あらかじめ決められた間取りではなく注文住宅にしたいのであれば、一番安くする方法は低価格ラインの「木麗な家」にすることです。

タマホームと言えば大安心の家ですが、それよりもグレードを下げた「木麗な家」にすることで、費用を抑えることができます。

ただし、「シフクノいえ」の900万円台に比べ、「木麗な家」は全て込みにすると1,300万円~1,400万円台になることが多いので、注文住宅にこだわりがないのであれば、「シフクノいえ」にするのも手です。

平屋で建てる

タマホームで一番安く家を建てる方法として、平屋で建てる方法があります。

2階部分の構造がなくなることでコストをそれだけ抑えることができます。

ただし、2階建てにしようとしていたのをそのまま平屋にすると、逆に割高になってしまいます。

  • その分土地の面積がいるから
  • 基礎や屋根の面積が2階建てより倍かかるから

平屋にする場合には、単身または2人暮らしで建物面積がそれほど必要ないケースに選択するのがいいでしょう。

住宅価格が値上がりして安く建てるのは難しくなっている

現在は、ウッドショックや円安の影響によって、住宅価格は値上がり傾向になっています。

ローコストをうたっているタマホームでも、段階的に値上げを行っていて、以前のように超安く家を建てるのは難しい状況になっています。

値上がりはいつか落ち着いて、まだ値段が下がることはありますか?

タマホーム営業

一度上がった価格が下がることはありません。
お買い得になるタイミングを待つよりかは、早めに動いてもらった方がいいです。

タマホームで家を建てようとしている人は、待てば待つほど損をする状況に。家を検討している人はなるべく早く動き出した方がいいです。

次に、費用を安く抑える方法を解説します。

賢く費用を抑えるためのポイント

タマホームで家づくりを計画している人がするべきことは、キャンペーンを狙ったり、値上がりが落ち着くのを待つことではありません。

  • キャンペーンはやっているけれど、大幅な値引きは期待できない
  • 今後も値上がりは続き、一度上がった価格は下がることはない

新たなキャンペーンを待つ間に、それ以上に値上がりが進む可能性があります。タマホームで家づくりしようと予定している人は、次に解説することをやってみてください。

この記事をブックマークしておいて、後からやってみるのもおすすめです。

タマホーム以外の会社でも間取り・相見積もりをとって比較する

賢く家づくりするための定番のテクニックです!

間取り・相見積もりをする理由
  • 同じ家づくりの要望なら、ほかの会社の方が安い可能性があるから
  • ウッドショックによって各会社でどれだけ値上げしたかは、実際に見積もりを取ってみないと分からないから

実際僕は、同じ要望で3社に見積もり依頼したところ、それぞれ出てきた見積りは2,200万円~2,500万円とかなり幅がありました。

筆者の見積もり削減事例
  • 要望:木をいっぱい使った家にしたかった
  • 3社の見積もりのうち、たまたま1社が木材を安く仕入れるのが得意な会社だった
  • 木材+その他で300万円の削減に成功
  • 相見積もりで発見した一番安い会社で建てた

相見積もりで思わぬ発見があったことで、僕は家を安く建てることができました。

ウッドショックによって住宅価格は数十万円、下手したら数百万円値上がりしますが、相見積もりをすることでウッドショックによる値上がりをカバーしましょう。

  • タマホームで値切って値下げさせることはできません。
  • 相見積もりをしていろんなハウスメーカーを比較しなければ、安くなる余地はありません。

他の会社も含めた相見積もりを取る方法

ビギナーくん

住宅展示場をいっぱい巡って見積もりを取らないといけないの?

大丈夫です。こういう時は、タウンライフ家づくりの無料一括見積・間取り作成がおすすめです。

建てたい家の要望を入力し、希望するハウスメーカーや工務店を選ぶだけで、見積りと間取りを複数のハウスメーカーから一度に取得することができます。

住宅展示場で直接依頼する場合、「2~3回の訪問×打合せ2時間×会社の数」の時間がかかります。週末を利用する場合、見積もりをお願いするだけで2~3週間を要することになります。

僕も実際に住宅展示場でお願いしたこともありますが、時間がかかる上にメチャクチャ疲れます…。

タウンライフ家づくりなら、たった5分の入力で間取りと見積りが届きます!

届いた見積り

注文住宅 新築 見積もり
※写真はイメージです
お金はかからないの?

最後まで料金が請求されることは一切ないので、安心してください。(一般的に、概算の見積りにはお金はかかりません)

聞いたことないようなハウスメーカーばかりじゃないの?

タウンライフでは、大手のハウスメーカーや工務店から選ぶことができます。

もちろんタマホームも入っています。タマホームだけじゃなくて他の会社も一緒に見積もりできるので、とても便利です。

見積もりを取ったら、その中から家を建てないといけないの?

そんなことはありません。タウンライフでは、あくまで見積もりと間取りを取るだけです。気に入った会社があれば検討を進めたらいいし、気に入らなかったらそこで終わってもOKです。

とりあえず見積りを取るのは、家のような大きな買い物をする場合は必須です!

まだ土地や間取りは決まってないけど大丈夫?

まだ未定であれば「まだ決めていない」と選択して先に進めば大丈夫です。

ずっとただ待っているだけでは、お得になるタイミングは訪れません。

めんどくさいなぁ…と思って今ここで相見積もりを取らなかったせいで後から数百万円の損をしないためにも、5分の入力で見積もりを入手しておきましょう。

公式 タウンライフ家づくり
  • 年間利用者5.7万人
  • 簡単入力5分
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次