【2022年最新】タマホームの坪単価と見積りは?費用を抑えて失敗しないコツも解説

この記事で分かること

  • タマホームの坪単価の相場
  • 30坪や40坪など間取りごとの価格や総額見積もりシミュレーション

タマホームで費用を抑えるポイントについても解説します

タマホームで費用を抑える方法を見る

目次

タマホームの坪単価の相場

タマホームの坪単価40万円〜65万円
本体価格1,200万円~1,600万円
オプション150万円~500万円
付帯費用平均500万円
総額見積もり目安1,800万円~2,400万円
タマホームの坪単価と総額目安

坪単価の算出の根拠、幅について

タマホームの坪単価は、40万円〜65万円と幅がありますが、これには理由があります。

タマホームの坪単価に幅がある理由
  • 最安の本体価格+何もオプションをつけないと40万円
  • 高めの本体価格+オプションを多め+家づくりに必要な付帯費用を加算した結果、65万円

安めの本体価格だけですと1,200万円ですので、坪で割ると坪単価は40万円です。ですがこれだけだと家は建ちません。

タマホーム何かオプションをつける人が多く、高めに見て500万ほど。それに付帯費用が平均で500万円ほどかかるため、それを加算しています。

1,600円+500万円+500万円=2,600万円。これだと坪単価は65万円です。

ハウスメーカーの中で位置づけ

坪単価は、大手のハウスメーカーの中ではお手頃な部類に入ります。

といっても、家の必要なところはしっかりと押さえてあるので、標準的な内容でも十分満足できる充実度。

  • 耐震性は最高ランクの「耐震等級3」
  • 断熱性能も最高ランク「断熱等性能等級4」
  • (キッチンなど)設備は大手のメーカーの中から選択できる

タマホームは、今の日本の住宅事情で気になる災害や快適性をしっかり押さえてあって、それ以外はなるべくコストダウンしてあります。

メリハリがあってよく考えられてるな~っていう印象です。全然安かろう悪かろうということはないですね。

坪別のタマホームの価格表・シミュレーション

タマホームには決まった価格表はありませんが、広さや間取りごとのおおよその価格を紹介します。

30坪の見積もり・価格・総額の目安

坪単価61.7万円
本体価格1,200万円
オプション200万円
付帯費用450万円
総額見積もり目安1,850万円

30坪の場合だと、今回のケースでは坪単価は61.6万円になります。

少し割高に見えるかもしれませんが、30坪で本体価格は安くなったとしても、付帯費用はあまり減りません。付帯費用を少ない坪数で割るために、坪単価が割高になります。

40坪の見積もり・価格目安

坪単価60万円
本体価格1,600万円
オプション300万円
付帯費用500万円
総額見積もり目安2,400万円

施工面積が40坪がおおよそ平均的な広さですので、この価格が一つの目安。

土地を含めると、地方であればトータルで3,500万~5,000万ぐらいかかると見込んでおいた方がいいでしょう。

2022年タマホームの坪単価は値上げされてる?

2021年から始まったウッドショックによって、木材価格が高騰しました。多くの会社が影響を受けて、徐々に値上げが始まっています。

2022年現在は、ウッドショック前から坪単価が1万円~2万円ほど値上げしている状況です。

間取り別のタマホームの価格シミュレーション

坪ではなく、間取りで総額を把握したい人もいるかと思うので、間取り別の金額目安を紹介します。

タマホーム4LDKの見積もり・価格目安

施工面積40坪
本体価格1,600万円
オプション300万円
付帯費用500万円
総額見積もり目安2,400万円

タマホーム5LDKの見積もり・価格目安

施工面積47坪
本体価格1,880万円
オプション500万円
付帯費用600万円
総額見積もり目安2980万円

タマホーム6LDKの見積もり・価格目安

施工面積55坪
本体価格2,200万円
オプション600万円
付帯費用700万円
総額見積もり目安3,500万円

費用削減は簡単じゃない

タマホームの価格構成

  • 本体価格:1,200万円~1,600万円
  • オプション:平均300万円
  • 付帯費用:500万円

一番ボリュームが大きいのは本体価格。ですが、タマホームはコストを削って本体価格を安く設定しているので、本体価格の値下げや値切ることはほぼ出来ないと思った方がいいです。

そうすると、費用を下げる方法がオプションと付帯費用になってきます。

付帯費用は必要経費がどうしてもかかる

付帯費用の内訳

  • 外構
  • 照明・エアコン・カーテン
  • 上下水道加入
  • 地盤改良
  • 税金

カーテンや照明のグレードを下げることで費用を抑えることは可能ですが、全部合計すると400万~500万はこれらはどうしてもかかってきます。

外構費用を削るという手もありますが、全く何も手を付けないとかなりみすぼらしく見えるので、最低限の外構工事費用も確保しておく必要があります。

ですので、付帯費用でガッツリと削るというのは難しいです。

オプションをなるべくつけない

タマホームは本体価格をローコストに抑えていますが、その分オプションが高めです。

せっかく新築だからといって、オプションでどんどんグレードアップすると、オプションだけで本体価格の半分ぐらいになることもザラ。

この費用を抑えるためにはなるべくオプションをつけないことです。なるべく標準仕様の中から何をつけるかを選択するようにしましょう。

タマホームで賢く費用を抑えるためのポイント

タマホームで家づくりする上での注意点はこちらです。

  1. ローコストだからと言ってオプションを追加していくと、すぐに費用が高額になる
  2. そもそもの家にかかる費用の相場をちゃんと知ること

特に②「家づくりの費用の相場を知る」ことがとても重要です。それを知る方法を次に解説します。

タマホーム以外の会社でも間取り・相見積もりをとって比較する

賢く家づくりするための定番のテクニックです!

間取り・相見積もりをする理由
  • 同じ家づくりの要望なら、ほかの会社の方が安い可能性があるから
  • 他のハウスメーカーも見てみることで、どの設備や間取りでどれぐらいかかるかを知ることができる

実際に筆者が同じ要望で3社に見積もり依頼したところ、それぞれ出てきた見積りは2,200万円~2,500万円とかなり幅がありました。

僕がやりたい間取りってこれぐらいかかるだ、ということを比較して知ることができました

また、複数社を比較することで、費用を削減することができました。

筆者の見積もり削減事例
  • 要望:木をいっぱい使った家にしたかった
  • 3社の見積もりのうち、たまたま1社が木材を安く仕入れるのが得意な会社だった
  • 木材+その他で300万円の削減に成功
  • 相見積もりで発見した一番安い会社で建てた

相見積もりで思わぬ発見があったことで、僕は家を安く建てることができました。

ポイント

  • タマホームで値切って値下げさせることはできません。
  • 相見積もりをしていろんなハウスメーカーを比較しなければ、安くなる余地はありません。

他の会社も含めた相見積もりを取る方法

ビギナーくん

住宅展示場をいっぱい巡って見積もりを取らないといけないの?

大丈夫です。こういう時は、タウンライフ家づくりの無料一括見積・間取り作成がおすすめです。

建てたい家の要望を入力し、希望するハウスメーカーや工務店を選ぶだけで、見積りと間取りを複数のハウスメーカーから一度に取得することができます。

住宅展示場で直接依頼する場合、「2~3回の訪問×打合せ2時間×会社の数」の時間がかかります。週末を利用する場合、見積もりをお願いするだけで2~3週間を要することになります。

僕も実際に住宅展示場でお願いしたこともありますが、時間がかかる上にメチャクチャ疲れます…。

タウンライフ家づくりなら、たった5分の入力で間取りと見積りが届きます!

届いた見積り

注文住宅 新築 見積もり
お金はかからないの?

最後まで料金が請求されることは一切ないので、安心してください。(一般的に、概算の見積りにはお金はかかりません)

聞いたことないようなハウスメーカーばかりじゃないの?

タウンライフでは、大手のハウスメーカーや工務店から選ぶことができます。

もちろんタマホームも入っています。タマホームだけじゃなくて他の会社も一緒に見積もりできるので、とても便利です。

見積もりを取ったら、その中から家を建てないといけないの?

そんなことはありません。タウンライフでは、あくまで見積もりと間取りを取るだけです。気に入った会社があれば検討を進めたらいいし、気に入らなかったらそこで終わってもOKです。

とりあえず見積りを取るのは、家のような大きな買い物をする場合は必須です!

まだ土地や間取りは決まってないけど大丈夫?

まだ未定であれば「まだ決めていない」と選択して先に進めば大丈夫です。

ずっとただ待っているだけでは、お得になるタイミングは訪れません。

めんどくさいなぁ…と思って今ここで相見積もりを取らなかったせいで後から数百万円の損をしないためにも、5分の入力で見積もりを入手しておきましょう。

公式 タウンライフ家づくり
  • 年間利用者5.7万人
  • 簡単入力5分
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次