タマホームのカタログ請求方法の比較|カタログでわかることを解説

タマホームカタログ請求

ハウスメーカーのカタログは、家づくりの情報収集でとても重要です。

家づくりに必要な情報が分かりやすくまとめられていて、具体的な家づくりのイメージが持てるようになります。

何より、見ていてすごくワクワクします!

タマホームカタログ

家づくりのスタートとして、カタログ収集は絶対にやっておきましょう。

この記事では、カタログの入手方法について解説します。それぞれメリットデメリットがあるので、目的に応じてあなたに合った方法を選んでみてください。

カタログの入手方法

  • 一括資料請求サイト|LIFULL HOME’S
    →【一番おすすめ】タマホーム以外のハウスメーカーのカタログも一括で請求できて便利
    限定プレゼント「家づくりノート」が貰える!
  • タマホームのウェブサイトから請求する
    →タマホームのラインナップを詳しく深掘りしたい人向け
  • 住宅展示場・店舗で直接カタログをもらう
    →モデルハウス実物も見学できるが、拘束時間が長いのがネック

関連 注文住宅のカタログ請求方法

タマホームから直接カタログを請求することもできますが、いろんなハウスメーカーのカタログも見た方がいいです。

タマホーム以外のハウスメーカーも見ることで、視野が広がったり、思わぬ発見があったりしますよ

目次

タマホームにはどんなカタログがある?

タマホーム大安心の家カタログ
タマホーム 大安心の家カタログ

タマホームではいくつかの種類のカタログがありますが、ぶっちゃけ全種類入手する必要はないです。

  • タマホームの全体像、構造・性能などのスペックを知る
  • どんな家が実現できるかを知る
  • 間取り事例を知る

これらを把握したいのであれば、総合カタログが1つあれば十分です。

大安心の家シリーズ総合カタログ

タマホームといえば大安心の家。タマホームカタログで最もスタンダードなカタログです。

カタログ請求サイトや住宅展示場では、このカタログを渡されることがほとんどです。

  • 構造・耐震性能・断熱性能
  • 設備の標準オプションがどんなメーカーか
  • 家づくりの進め方
  • サポート内容
  • 実際の家の事例

ハウスメーカーを選ぶときに気になるポイントが、図解入りで分かりやすくまとめられています。

ウェブサイトでは書けないような詳細な情報もたくさん載っています。

タマホームを知るなら、これ1冊あれば十分なぐらい内容が充実しています

平屋・シフクノいえなど用途を絞ったカタログ

特定の目的に絞ったカタログです。タマホームのメイン商品は「大安心の家」ですが、少しマイナーな商品をまとめたカタログもあります。

基本的な情報は大安心の家総合カタログに記載されている情報が充実しているので、「平屋にしたい」「シフクノいえが欲しい」などの明確な目的がないのであれば、優先して集める必要はありません。

迷ったら大安心の家カタログだけあれば十分

タマホームのカタログは10種類以上ありますが、正直、全部入手する必要はありません。

総合カタログに必要な情報がほぼ網羅されています。他のカタログでも基本的な情報は同じです。

いっぱいカタログを集めても、結局見るのは総合カタログだけだったりします。

タマホームのいろんな種類のカタログを集めるなら、他のハウスメーカーのカタログを取り寄せした方がいいです。

他のハウスメーカーのカタログも一括で請求する方法

おすすめのカタログ請求方法

おすすめの入手方法

  • 限定プレゼントあり&他のハウスメーカーカタログも一緒にまとめて入手
    LIFULL HOME’S
  • タマホームのラインナップを詳しく深掘りしたい
    タマホーム公式サイト
  • 直接モデルハウスを見てからカタログを貰いたい
    →住宅展示場に行く

※ちなみに、個人情報はどの方法でも必ず求められます。

僕もカタログを取り寄せしましたが、しつこい電話やメールなどはありませんでしたよ

【定番】一括資料請求サイト(LIFULL HOME’S)使う

一番おすすめなのは、ハウスメーカーのカタログの取り寄せできるサイトから、一括で資料請求する方法です。

カタログ取り寄せはLIFULL HOME’Sが定番でおすすめ

自分の住んでいる地域を選択すると、その地域で建築可能なハウスメーカーに絞り込んで、一気に複数選択することができるのでとても便利です。

タマホーム以外の気になるハウスメーカーも一緒に選択してカタログを請求してしまいましょう。

カタログ請求は完全無料で、特に損をすることはないので、迷っている人はサクっと請求してしまって大丈夫です。

「個人情報を書きたくないんだけど…」という人もいるかと思いますが、カタログを入手するには、どの方法であっても必ず個人情報を求められます(体験済み)。

カタログを入手するにはしょうがない、と割り切ってしまいましょう

タマホームのウェブサイトから請求する

タマホームのウェブサイトにアクセスし、欲しいカタログを選択する方法です。

複数入手することができますが、上限3冊までなので注意してください。

  • 手順①タマホームのウェブサイトにアクセスする
  • 手順②欲しいカタログを選択する
  • 手順③自分の名前や住所を入力する

個人的には、総合カタログ+2冊貰うぐらいなら、他のメーカーのカタログを貰った方がおすすめです

他のハウスメーカーのカタログも一緒に入手する

住宅展示場・店舗で直接カタログをもらう

直接タマホームの展示場や店舗に行ってカタログを貰う方法です。

店舗に行って「カタログが欲しい」という旨を伝えたら、まず個人情報の入力が求められます。

そのあとに営業マンからの説明を受けた後(15分~数十分)、帰る際にカタログを手渡されます。

往復の時間がかかるのがイヤ、営業マンからの話を聞く労力がイヤでカタログだけ欲しい、という人には微妙ですね

タマホームのカタログで分かること

タマホームカタログ
  • 家づくりの必要な情報が分かりやすくまとめられている
  • ウェブサイトには記載できない詳細な情報が書かれている

カタログはどのハウスメーカーも力を入れていれているので、カタログが最も効率的に情報を得る方法だと言えます

タマホームのカタログで具体的に分かることを解説します。

具体的な間取り事例が分かる

タマホームで実際にどんな間取りができるかを、実際に建てた例を使って紹介しています。

  • 外観
  • 内装
  • 家族構成や家の広さ
  • 間取り図面

タマホームのウェブサイトには無い、具体的な情報がいっぱい載っているので、自分たちに置き換えて考えることができます。

めちゃくちゃいい情報が書かれているのに、ここで実物を紹介できない(転載できない)のが残念です…!

タマホームの標準オプションが何かが分かる

タマホームでは、キッチンやお風呂などの設備は標準オプションから選ぶようになっています。

どんなメーカーが標準なの?と気になるところですが、ウェブサイトにはその情報は載っていません。

カタログには、どんなメーカーのどんな設備が選択できるかが具体的に書かれています。

タマホームを検討しているなら、どんな標準オプションが選べるかを押さえておくのは必須です

価格表などは載っていません

残念ながら、カタログには価格に関する情報は書かれていません。

その時の材料の価格や、その人がどんな広さや設備を選んだかによって住宅価格は変動するため、一概に決めることができないためです。

また、ウッドショックなどの影響を受け、タマホームの価格は値上がり傾向です。価格が変動する要素がかなり多いので、決まった価格を表示できないんです。

こればっかりは仕方ないですね…

まとめ|タマホームのカタログ請求おすすめの方法

おすすめの入手方法

  • 限定プレゼントあり&他のハウスメーカーカタログも一緒にまとめて入手
    【定番】LIFULL HOME’S
  • タマホームのラインナップを詳しく深掘りしたい
    タマホーム公式サイト
  • 直接モデルハウスを見てからカタログを貰いたい
    →住宅展示場に行く

おすすめはLIFULL HOME’S。他のハウスメーカーのカタログも一緒に取り寄せする方法です。

  • 完全無料で特に損をすることはなし(体験済み)
  • どの方法であっても個人情報は入力しないといけないので同じ
  • 正直、タマホームのカタログは、総合カタログ1冊あれば十分
  • その分、他のハウスメーカーのカタログを貰った方が参考になる

カタログを見ると具体的な家づくりのイメージが湧きやすいです。

僕も家づくりの時にメチャクチャ参考になりましたよ!

是非早めに入手してみてくださいね。

  • PCでの利用者数No1
  • 簡単入力5分
家づくりノートも貰える!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次