【失敗しない】住宅展示場に行く前にする事前準備・コツを解説!

住宅展示場に対するギモン

  • 行く前の準備の注意点は?聞くことは?
  • 平日に予約なしでひとりで行っても自由に見学できる?服装やマナーは?
  • 景品やプレゼント目当てでイベントだけ参加してもOK?
  • 住宅展示場の家を買うものなの?
  • モデルハウスって豪邸だけど、貧乏人は相手にされないとか嫌な思いはしない?
この記事で詳しく解説
  • ノープランで行っても、営業マンからのトークに振り回されてデメリットが多く、家づくりの参考にはならない
  • 住宅展示場を利用するコツは、必要な情報をあらかじめ整理しておいて、それを確認に行くという使い方がポイント

住宅展示場に対するギモンは記事の後半で解説していきます

住宅展示場に行く前にする必要な情報整理

複数のハウスメーカーや工務店からの見積もり・図面の提案をネットで入手しておくことが重要です。

目次

住宅展示場にノープランで行っても家づくりの参考にならない!

だいたいの人が住宅展示場に行くときに考えること

  • 何も分からないけど、まずハウスメーカーに相談しよう
  • ハウスメーカーに見積もりや図面を作ってもらおう

ひと昔前はそれがメインでしたが、今はその方法は古くてデメリットが多いです。

なぜなら、自分が家づくりの素人なのに対し、相手は百戦錬磨の営業のプロ。知識と経験の差がありすぎて、こちらが圧倒的に不利だからです。

このような状況では、営業トークに押し負けるような一方通行になりやすいです。

超重要!住宅展示場に行く前にする準備

いきなり住宅展示場にいくのではなく、事前にラフに見積もりや図面をネットで貰うのが先です。

手順1:事前に図面と見積もりを無料で一括取得する

ネットの一括見積もりであれば、たった入力3分で複数の会社からラフな見積もりと図面ゲットできちゃいます。

見積もりをいきなりやるの?土地とかまだ何も決まってないから見積もりはまだ先だと思ってたけど

土地が決まってなくても全然問題ないです。「だいたいこんな土地の広さがいい」「まだ決まってない」でもOKです。

大事なのは、いろいろ決まってから見積りを取るんじゃなくて、まず見積もりを取ってからそこを基準に検討を進めていくことです。

複数の見積もりを貰うことで、大体自分の希望する家の相場が分かります。それを頭に入れてから住宅展示場にいくことで、営業マンに振り回されないで済むようになります。

もちろん完全無料ですし、変なセールスの電話やメールはありません。直接業者とやりとりをすることなくリクエストできるので、超お手軽です。

引っ越しや車の買取と同じで、家の見積もりも今はネット一括見積が主流ですよ

手順2:入手した図面と見積りを頭に入れて住宅展示場に行く

ゲットした見積もりと図面を頭の中に入れて、住宅展示場で実物の間取りと比較するのに住宅展示場を使います。

  • 提案してもらった図面だと、リビングは18畳だったけど実際の広さはどうかな
  • 図面に描いてあるウォークインクローゼットの広さってどれぐらいなんだろう

あらかじめ自分のための図面や見積もりがあることで、それを住宅展示場のモデルハウスと比較することができます。

比較することで「この部屋の広さは広さは狭すぎるな」など、一つ一つ判断することができます。

何より「今は玄関にシューズクロークをつけるのが流行ってますよ!」など、営業マンから提案を受けても、「ウチだとそんなものは現実的じゃないな」と判断して、流されにくくなります。

何も分からずフラッと何か所もモデルハウスを回るよりも、自分たちのイメージに合ったところに行く方がムダな時間を使わずに済みます。

住宅展示場に対するギモン

住宅展示場についてのギモンをまとめたから、気になるところを見てみてね!

住宅展示場の見方や聞くことの注意点、目的は?

こちらで解説した通り、いきなり住宅展示場の営業マンに話を聞くのはNGです。

まずは、ネットで一括見積・図面をまずゲットして、自分の中で比較する基準を作ります。

それを実物の住宅を見て答え合わせするようにして住宅展示場を利用することが重要です。

住宅展示場に初めていくけど大丈夫?

住宅生産振興財団の調査によると、約半数の人が初めて来場しています。

気負う必要はなく、気軽に出向きましょう。

ただし、何も分からず行くよりかは事前準備をしてから行くようにしましょう。

暇つぶしに冷やかし半分で見るだけでも大丈夫?

暇つぶしでいくことは全然問題ないです。そもそも住宅展示場は公園みたいに開かれた場所にモデルハウスが立ち並んでいるので、フラッと立ち寄れる気軽さがあります。

僕も、家族とイベントのプレゼント目当てに行くことも多かったです

ただ、せっかく行くのであればある程度準備をしてからにした方がいいです。

何も分からない状態で見るべきポイントも分からずに行ったところで「なんか豪華だなぁ」という感想しか持てないからです。

住宅展示場は実際の家より大きすぎる豪邸なのがデメリット

住宅展示場のモデルハウスは、「夢を見せる」ために大豪邸になっていることが多いです。

そこで「自分でもこんな家を建てることができるんだ!」と勘違いしがち。

いざ見積もりを取ったらわかるのですが、こんな豪華な家なんて絶対に建てられないです…

現実とかけ離れたモデルハウスを見て夢だけが膨らむことがデメリットです。

ですので、そうならないように、上で示した事前準備をしてから住宅展示場に行くのが鉄則です。

払い下げ物件とか、住宅展示場の家を買うことってできる?

住宅展示場というよりかは、ポツンと建てられた場所のモデルハウスの払下げの物件が出ることが稀にあります。

ただいつ出るか全く予想できないのと、新品でないため、あまり期待しない方がいいでしょう。

モデルハウス購入しましたという人が後で後悔したという話も聞くので、建売物件にした方がいいかなと思います

住宅展示場の営業ってうざい?

住宅展示場のモデルハウスに入ると、営業マンが出迎えてきます。

スリッパと手袋を着用することをお願いされ、部屋を見て回ると後ろについてきて説明などをしてきます。

完全に離れて単独で見て回ることは難しいでしょう。

僕は何度もモデルハウスを巡りましたが、後ろについてこられても、それがウザイぐらいしつこいことはなかったです

住宅展示場で大きなモデルハウスを建てて儲かるの?

ハウスメーカーが住宅を見せる機会としては、大きくこの2つ。

  • 住宅展示場のモデルハウス
  • 実際に建てた方に協力してもらって住宅見学会を開く

自分たちの商品を見てもらうためには、実際の住宅が必要です。

住宅見学会であれば、実際に住んでいる人の家を見て感想を聞くこともできるのですが、ずっとそういった見学会はできるとは限りません。

儲かっているかについては言及が難しいですが、コストをかけてでも、常時見学できるモデルハウスというのは必要ということでしょう。

住宅展示場は自由に見学できる?

見学は自由にできます。広い公園のような敷地の中に、いろんなハウスメーカーのモデルハウスが建っていて、フラっと入れるようになっています。

ハウスメーカーやタイミングによっては予約制のところもありますが、基本的には自由に入って見学できるところがほとんどですので、気軽に足を運ぶことができます。

住宅展示場に来る客層は?

住宅生産振興財団の調査によると、 幕張やつくばの住宅展示場の来場者の3/4が30代、40代。

家族構成は子ども1〜2人の3〜4人家族が全体の55%〜60%を占めています。

予約なしでいきなり行くのは大丈夫?

モデルハウスやハウスメーカーによって異なります。タイミングによっては時間制にしていることもあります。

ただ、住宅展示場はかなり多くのハウスメーカーが揃っているので、予約なしでもいけるモデルハウスに入れば大丈夫です。

もし絶対に行きたいハウスメーカーのモデルハウスがあるなら、事前に電話確認しておくのが確実です

平日に妻だけひとりで行っても大丈夫?

問題ありませんが、平日はただでさえ人が少ない上に単独ですので、営業マンからあれこれ聞かれるかもしれません。

家は大きな買い物ですので行っただけですぐ何かが決まるということはありませんが、アンケートなどで個人情報を多く渡すことで、電話やハガキが多く来ることは多少覚悟が必要です。

プレゼント・景品目当てにイベントだけ参加しても大丈夫?

全く問題ありません。多くの住宅展示場で、人集めのイベントが多く開催されています。

モデルハウスを絶対に見学しなければいけないということはありませんので、気軽に参加してみましょう。

僕は家族で住宅展示場内のスタンプラリーイベントに参加して、全部集めておもちゃのブロックパズルをもらったりしました。その時は全く勧誘とかはありませんでしたよ

住宅展示場に行っても庶民・貧乏人は相手にされない?嫌な思いはしない?

そんなことはありません。全く気にせず住宅展示場に行きましょう。

住宅展示場協議会の調査では、年収300万円未満が5 %、300~500万円未満が30%、500~1000万円未満が52%でした。

とはいえども、まずパッと見で年収がどうかなんてわかりませんし、アンケートに書くことがなければそもそも年収を知られることはありません。

住宅展示場のマナーや服装って決まっている?

全く決まっていません。僕はよく、家族で遊びに出かけた帰りによく住宅展示場に行っていました。

ラフな格好で行っても全く問題ありません。むしろ、ちゃんとした格好で行っている人なんて皆無です。

住宅展示場を回る所要時間はどれぐらい?

ぐるっと内観を見るだけでしたら1つのモデルハウスで10分もかかりません。

営業マンから詳しく話を聞くと30分〜1時間かかることはザラです。

サッと見て回りたい場合は、ほかの人が多い時間帯に行って、なるべく捕まらないようにするというのも手です。

僕は、他の家族が入った瞬間に一緒に入るということをよくやっていました(笑)

住宅展示場でカタログだけもらってアンケート書かなくてもいい?

大丈夫です。「カタログだけが欲しいので、もし良かったら改めて話をさせてください」とはっきり伝えましょう。

ハウスメーカー側にとっては、アンケートで具体的な情報が欲しいのが本音ですが、カタログを見てもらって検討してもらうだけでメリットですからね。

住宅展示場って建て替えやリフォームの参考になる?

見るポイントをしっかり押さえれば参考になりますが、漠然と見るだけでは参考になりません。

これは新築でもリフォームでも同じです。

  • 自分の家で使うかもしれない設備や内装見る
  • 部屋の広さがだいたい6畳だとこれぐらいか、などの感覚をつかむ

など、見る目的を明確にすることが重要です。

まとめ:無料で見積もりと図面をもらった後に住宅展示場に行きましょう

住宅展示場

住宅展示場にいきなり行ってはいけません。事前に見積もりや図面を、ネット無料見積もりで貰うのが先です。

土地が決まってなくても問題ないのでどんどん先に進みましょう。

大事なのは、いろいろ決まってから見積りを取るんじゃなくて、まず見積もりを取ってからそこを基準に検討を進めていくこと

事前に見積もりと図面を貰っておくことで、それを基準に検討ができます。そうすることで、営業マンに振り回されないで済むようになります。

もちろん完全無料ですし、変なセールスの電話やメールはありません。直接業者とやりとりをすることもありません。

引っ越しや車の買取と同じで、家の見積もりも今はネット一括見積が主流ですよ

住宅展示場に行く前に、希望の家がどんな金額や間取りかを先に無料見積もりで提案してもらって、賢く家づくりを進めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次