お風呂で窓なしは後悔する?換気やカビ対策で窓はいらないです!

お風呂窓なしは後悔する?

新築の注文住宅を建てるにあたり、お風呂場の窓を「窓なし」にするか「窓あり」にするか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

一度建てたら変更できないので、後悔のない選択をしたいですよね。

この記事では、新築の注文住宅を建てた筆者が、お風呂に窓はいるのか?「窓なし」「窓あり」それぞれのメリットと、デメリットから、後悔のない選択が出来るように解説していきます。

間取りのヒントはカタログが一番

注文住宅カタログ一括請求

間取りのアイデアはカタログが一番参考になります。

我が家もカタログを見ることで初めて知り、取り入れたアイデアがいっぱいありました!

「こんな間取りがあるなんて知らなかった…」と、後で後悔することのないように、いろんな間取りをいっぱい見ましょう。

ライフルホームズでハウスメーカーのカタログをまとめて取り寄せる

重要 間取りづくりで後悔しないためにするべき2つのこと

目次

お風呂に窓はいらない?

お風呂の窓はそんなにいらないかも

いきなりですが結論から言うと、私はお風呂に窓はいらないです。お風呂の窓なしのメリットの方が大きいからです。

  • 窓設置費用が抑えられる
  • 防犯上良い・窓からの侵入リスクが減る
  • 窓からの冷気の侵入がなくなる
  • 窓枠の掃除をしなくてすむ
  • 開放感が減る
  • 日中のお風呂で日光を取り入れられなくなる

建築のコスト面・防犯面・断熱性・お手入れのしやすさを考えると、一般の家庭ではお風呂の窓がない方がいいでしょう。

しかし、広い綺麗な中庭があったり、見晴らしのいい土地に家を建てたりした、眺望がいいお風呂や、太陽光を浴びながらお風呂に入りたい方は、お風呂には窓をつけてもいいでしょう。

お風呂の窓がない方が快適に生活できる人が多いと思います!

お風呂窓なしのメリット

まずは、お風呂を「窓なし」にするメリットを紹介していきます。

上記4つのメリットをそれぞれ詳しく解説します。

窓設置費用が抑えられる

窓を設置するだけで窓設置の費用がかかります。当然窓を大きくしたり、断熱性のいいガラスの窓にするなどすると、費用はより大きくなります。

しかし、窓をなくすだけで数万円〜十数万円の金額が変わってきます。お風呂の窓をなしにすれば、建築費用を少しでも抑えることが出来ます。

窓設置の費用を他のオプションに回した方が快適かもしれません。

防犯上良い・窓からの侵入リスクが減る

お風呂に窓がついていると、覗きの被害にあったり、空き巣等に侵入されるリスクが高くなります。特にお風呂の窓は、目立たないところにある場合が多いので、狙われやすいと言われています。

しかし、窓がなければそのような心配もありません。窓をつける場合は、防犯対策も合わせて行う必要がある為、結局追加で費用がかかってしまいます。

大切な家族のプライバシーを守るためにも、窓はない方がよさそうです。

窓からの冷気の侵入がなくなる

お風呂に窓があると、特に寒い冬は窓からの冷気が入り込んできます。窓は壁と比べると、断熱性や気密性が低い為、浴室内の温度が下がってしまい思った以上に寒さを感じます。

そのため、窓の設置をやめるだけで、浴室内の断熱性や気密性がよくなります。お風呂の窓をなしにすると、冬場のお風呂でも温かく入ることが出来るようになります。

窓があるだけで想像以上に温度が下がってしまいます…

窓枠の掃除をしなくて済む

お風呂の窓はほこりが溜まりがち…

窓がなければ当然窓周りの掃除をしなくて済みます。

窓があると、窓ガラスはもちろん、窓枠やサッシも掃除をしなければなりません。窓のお掃除って思った以上に手間がかかります。

窓がなければ、ただの壁なのでお掃除は格段にしやすくなります。

少しでも掃除の手間が省けるのは、大きなメリットです。

お風呂窓なしのデメリット

お風呂窓なしのメリットをお伝えしてきましたが、デメリットもお伝えします。

上記のデメリットについて、詳しく解説していきます。

開放感が減る

お風呂に窓がない場合は、四方を壁に囲まれてしまう為、圧迫感を感じてしまうかもしれません。お風呂は元々広くないので、余計に狭さを感じてしまいます。

お風呂の窓から、素敵な中庭や外の景色が見えるなら、窓なしにするのは開放感が減るのでもったいないかもしれません。その場合はお風呂に窓を設置することで、開放感を感じることができるでしょう。

外の環境次第では、窓の設置も選択肢に入りそうです。

日中のお風呂で日光を取り入れられなくなる

お風呂に窓がない場合、日光を取り入れることが出来ないため、日中でもお風呂が暗くなってしまいます。日中にお風呂に入る場合でも、照明を必ずつけなければなりません。

それぞれの生活スタイルがあるかとは思いますが、お風呂は夜に入る方が多いと思うので、こちらに関してはあまりデメリットにはならないかもしれません。

どうしても日光を取り入れたい人以外は、窓は必要なさそうです。

窓なしでも風呂の換気は問題なし

お風呂窓なしでも換気扇で十分です

お風呂の窓なしでも換気は問題ありません。

「窓を開けて換気する」というイメージが強いかもしれませんが、換気扇だけでもしっかりと換気をすることが出来ます。筆者の自宅では、窓なしで換気扇のみの換気ですが、問題なく換気を行えています。

「窓を開けて、換気扇を回す」方が、より早く換気されそうなイメージがある方もいらっしゃると思います。しかし、実際のところは窓と扉を閉めてから換気扇を回す方が、より早く換気を行うことができます。

換気のための窓の設置は、外の空気を直接入れたい人のみでよさそうです。

換気のためだけの窓の設置は必要なさそうです。

窓なしお風呂のカビ対策

窓無くてもカビ対策は十分

窓がないお風呂だと、カビが発生しやすいのでは?と不安な人もいるのではないでしょうか?確かに窓がないと、換気がきちんと行えずカビが発生しそうなイメージがあります。

そこで、窓なしお風呂のカビ対策をお伝えしていきます!

窓なしお風呂のカビ対策とは?

  • 換気扇による換気を行う(24時間換気or入浴後に「強」換気)
  • 入浴後にシャワーで浴室全体を洗い流す

カビ対策にもっとも効果的なのは、換気をしっかりと行うことです。

24時間換気システムが導入されている場合は、24時間換気を行うのが間違いありません。また、24時間換気を使用しない場合は、入浴後に数時間換気扇を回すだけで、もっとも有効なお風呂のカビ対策になります。

また、カビの繁殖を防ぐために、石鹸カスや垢などを入浴後にシャワーでしっかりと流すことも重要です。お風呂から出る際に、浴槽や壁などにシャワーをかけ綺麗に洗い流しておきましょう。

上記の二つをしっかり行えば、カビの発生を防ぐことができます。

窓のないお風呂は風水的に大丈夫?

窓のないお風呂でも、風水的には大丈夫です。

お風呂の風水で、一番気をつけなければいけないのは「湿気」です。「湿気は陰の気、身体の汚れを落とした気は邪気」とされているからです。

過剰な湿気は、運気ダウンの根本といっても過言ではないかもしれません。

逆にいうと「湿気」を抑えることさえ出来れば、風水的には問題ないということです。

勿論、風水的に一番の理想は「窓を開けて、太陽の光を取り入れる」ことではあるのですが、これをする目的は湿気を防ぎ、陰の気の増加を防ぐ為です。

換気扇をしっかり使用し換気を行うことで、お風呂の窓がなくても、風水的にも問題はありません。

窓のない水場は運気をあげてくれる、ラベンダー色のグッズを置いてみると、風水的にはさらに良いかもしれません。

窓なしのお風呂は暗い?

窓無くても暗くないです

窓無しのお風呂は、日光が入って来ないため、天気のいいお昼でも当然ながら暗いです。

朝や昼の太陽が出ている時間でも、照明を付けなければいけません。しかし、ほとんど夜にお風呂に入る方が多いと思うので、あまり問題にはならないと思います。

それでも、窓なしのお風呂を少しでも明るくしたいのであれば、照明を明るいものを選んだり、壁を白色にすると良いでしょう。

また、少しでも自然光を取り入れたい方は、洗面所に窓をつけるのがおすすめです!

洗面所に窓を設置することで、自然光がお風呂場に入ってくるため、お風呂が真っ暗にはなりませんし、外の空気も入れることができるので、おすすめです。

お風呂の窓だけで考えるのではなく、洗面所の窓も含めて検討してみましょう。

いい間取りを作るために絶対にやるべきこと

間取りづくりで後悔しないためにするべきことを2つ解説します。

後から「こんなはずじゃなかった…」と後悔したくない人は、両方やっておきましょう。

①ハウスメーカーのカタログで間取りをたくさんチェック

いい間取りにするためには、間取り事例をいっぱい見ることが一番重要です。

そのために一番参考になるのがハウスメーカーのカタログ

なぜ、ハウスメーカーのカタログかというと、ハウスメーカーがノウハウを結集させているからです。

ぶっちゃけて言うと、いわゆる住宅関係の本よりも、無料で手に入るカタログの方が充実しています。

注文住宅カタログ一括請求

こちらの画像のように、ハウスメーカーのカタログには、具体的な間取り事例がいっぱい載っています。

カタログであなたが好きな部分をマークして、「あなたが好きなイメージ」を固めましょう。

いくつかのカタログでこれを繰り返すことで、あなたが実現したい間取りのイメージが固まってきます。

カタログを手に入れる方法でおすすめなのは、ライフルホームズでハウスメーカーのカタログをまとめて取り寄せること。

ハウスメーカーのカタログが完全無料で手に入るのでおすすめの方法です。

やっていてワクワクするので、絶対にやってみてください!

公式 LIFULL HOME'Sカタログ請求

②アドバイザーに相談する

家づくりはほとんどの人にとって初めての経験。どこかに相談したいけど、いきなりハウスメーカーに行くのは気が引けますよね。

そこでおすすめなのが、無料の相談窓口で相談すること。

僕も、間取りだけじゃなくて、僕に合った会社やお金のことまでガッツリ相談しました。進め方が分かってとてもスッキリしました。

無料の相談窓口はいろいろあります。家づくりで相談するには、どれも定番です。

  • 市などの行政
  • SUUMO
  • ライフルホームズ

僕のおすすめなのは、

で相談すること。店舗かオンラインのどちらかを選ぶことができて、完全無料で相談できちゃいます。

不安でモヤモヤしたまま家づくりをすると、「こんなはずじゃなかった…」とあとあと後悔します。
一歩を踏み出してスッキリしちゃいましょう。

  • 99.5%が相談して良かったと満足
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次